お金を増やすために初心者が資産運用に挑戦するブログ

お金を増やすために初心者が資産運用に挑戦するブログ

少額から投資、資産運用、仮想通貨、株式関連に挑戦して資産を増やしていく、予定。

【仮想通貨】Zaifで積立を開始!ほか積立のメリット・デメリット【やり方】

こんにちは、イスガです!

最近やっとですが仮想通貨の取引所、Zaifで積立を始めました、

今回は仮想通貨の取引所「Zaif」で積立のやり方と、積立のメリットデメリットを書いていこうと思います。

Zaif積立のやり方

f:id:inusanbou:20180424142725j:plain

基本的に以下の流れです。

特に難しいことはありません。

  1. Zaifでアカウントを開設する
  2. 本人確認事項を諸々入力する
  3. 本人確認コードが書類で届くので入力する
  4. 積立金額を設定する


そしてアカウントを開設する時に、最低限の自己セキュリティ対策をしておく必要があります。

  • メールアドレスを使いまわさない(新規に取得した方がいい)
  • メールアドレスにも二段階認証を設定した方がいいかも。
  • パスワードは特に難しく設定する
  • ログイン時の二段階認証は必須
  • メールアドレスをPCに記憶させない

簡単にですが、これでも最低限です。

書き出したらきりがないですね。

しかしハッキングの恐れを少しでも回避する為には必要ですから。


気になるパスワードですが私は以下のサイトを使用しています。

www.luft.co.jp

自動でパスワードを生成してくれますので、パスワードの強度は『最強』

文字数は上限の『40文字』にするのをおすすめします。

試しに使用して生成してみて下さいね。


この様に仮想通貨は個人のセキュリティ管理が必須で、コストが掛かるのが難点です。

色々盗難対策はあるのですが、初心者はちょっとって感じ。



一応同じく取引所のビットフライヤーには盗難補償があるんですけど、調べてみたら日本円で不正に送金され出金されたのみなので、仮想通貨が盗まれた場合は対応していないんですよ。


気になる方はご自分でも調べてみて下さい。

勘違いして「ビットコインが盗まれても保証してくれるんだ」と思い、取引所に預けっぱなしにしない様にしましょう。


やはりLedgerNanoSなどのハードウェアウォレットに、保管するしかなさそう。

コストが高くつきますが安全に仮想通貨を管理したい方は、正規品を公式サイトより購入を検討してみるのはどうでしょう。

【公式】Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン



一個に付き15,800円ですが盗まれて、将来の含み益が出る可能性がある通貨を無くすのも損ですから。

私も多分、購入します。

必要経費、必要経費。


あとAmazonとかで出品されているLedgerNanoSは、ウイルスなどが仕込まれている可能性があると、ほかの方が運営しているブログで拝見しました。


単純に考えてもAmazonで販売しているのなんて危なくて手が出せませんよ。

どうぞみなさんお気をつけて。

Zaifでの積立銘柄

f:id:inusanbou:20180603134014p:plain

画像は私が実際に積立設定した銘柄です。

最初はビットコインと、イーサリアムを1000円ずつにしていました。

が、気が変わり画像の様な形に。


一万円以内の範囲で分散。

特にネムとイーサリアムに比重を置いてます。

この形はまあパフォーマンスが正直悪いですねw


あとモナコインは既に多くの場所で浸透しているようですが、私はあまり興味がないのでモナコインは除いてます。モナコイン好きの方いたらすみません。

 

積立では分散投資の設定をしてみましたが、実のところただ分散していると将来得られる可能性がある利益が減るんですよ。


同じ一万円投資するなら例えば、ビットコインに一万円分集中投資した方が利益を出せそう。


しかし投資においてどれが正解ってのはないんですけどね。

自分が思った通り、自分の頭で考えて投資すると成長しますし、勉強にもなります。

私は色々な人の意見を参考にしながら画像の様な配分にしてみました。


一番比重が高いネムは2018年中にカタパルト(アップデート)を行う様で、決済速度が一秒間に4000回に向上し世界最速になるようです。

なので需要が更に高まるんじゃないかと期待して。


そしてイーサリアムはもうブロックチェーンゲームで、かなり浸透しているイメージがあり、これからさらに需要があると見込んでって感じで。


実用性がありかつ再現性があるものに投資するのが、結果的に利益を得られるんじゃないでしょうか。


配分と投資比率は将来的に変えるかもしれません。

ですが、もし継続して積立投資をしようと思ったのなら、取引所に預けっぱなしはやめましょうね。


私もある程度積立たらハードウェアウォレットに移動させたいところです。

移動方法も勉強しなくちゃ。

ちなみにZaif積立の対象銘柄は2018年5月現在で、

  • ビットコイン
  • イーサリアム 
  • モナコイン
  • ネム

以上4銘柄が対象となっています。 

Zaif積立の引き落とし日

f:id:inusanbou:20180424145318p:plain

基本的な積立スケジュールは画像の通りです。

Zaif積立を申し込んだ場合、毎月の口座引き落とし日が”27日”ですので、口座にお金がない~なんてない様にしましょう。

Zaif積立投資で税金掛かるの?

そう、税金ですよ。

税金!

大事なことなので、二回言うのと文字を大きくしてみました。

皆さん忘れがちで、更に目を背けたくなる税金ですね。



結論から言うと、積み立てた通貨を円に変えなければ税金は掛かりません。


じゃあ仮に円に変えた場合、どのくらいから税金が掛かるのか気になりますよね。



答えを言うと、1月から12月まで年単位で通算して、仮想通貨の売却益が20万円以上発生している場合は、確定申告する必要があります。


仮に所有している積立した通貨をどこかの段階で解除して売却し、大きな利益が出ても税金分とっておかないといけないんですよね。


積立に限らず仮想通貨をどの銘柄でも保有している段階なら、課税の対象ではありません。



あくまで保有している仮想通貨を、日本円に戻した場合に年単位で20万円を超える売却益が発生していたら、課税対象になります。

日本はまだ仮想通貨の税制度が整っていないので、売却する際は注意しましょう。

Zaif積立メリット

Zaifで積立をするメリットは以下の3点になります。

  1. ドルコスト平均法の採用
  2. 相場をいちいち見なくてもいい
  3. 少額(1000円から)でも積立を始められる

特にドルコスト平均法を採用している点が最大のメリットですね。


ドルコスト平均法って何? と思ったそこのあなたに向けて簡単に説明してみます。


ドルコスト平均法というのは、相場が安い時は多めに買う、

逆に相場が高い時は少なめに買う。


こういうことを設定した予算内で自動で行ってくれるんです。

ですので高値で掴んで、\(^o^)/な感じにならないんですよね。


次に自動で買い付けを行ってくれるので、相場をいちいち見る必要がありません。

私たちの時間は無限な様で、実際には限られています。


トレーダーでもない限り、いちいちPC前に張り付いてチャートを見るとかマジで無駄ですよ。無駄。


最後に少額からでも始められます。

4銘柄千円ずつから積立可能です。

あまり大きく金額を設定するのが怖い人は、好きな銘柄に千円だけでもいいかもしれません。

Zaif積立のデメリット

Zaifで積立のデメリットは、やはり自分で投資をしている感覚が薄れてしまう点ですかね。


一度、積立の設定をしておけば毎月自動で引き落としてくれるので確かに楽です。

相場も見なくもいいですしね。

らくらく~!


ですが自動で引き落としてくれて、自動で買い付けをしてくれる分、どこか自分事に感じられない部分があるんじゃないでしょうか。


やっぱり実際に自分で売買してみて、色々失敗し初めて学ぶところがあると思います。

私も既に失敗は多くしてますが、それで学びますからね。


ちなみに私が失敗した例を出すと、まあ送金ミスから始まり色々と。

なので積立は便利なんですけど、自分で更に売買もやってみるのもアリですよ。

失敗して学んで、どんどん成長していきましょう! 
 

まとめ

Zaifで積立のやり方と、メリットデメリットをまとめてみました。

仮想通貨を始めてみたいけど、高値で掴むのが怖い、そんな人にはZaifで積立がおすすめです。


1000円から始められますしね。

私は勉強とあと欲望まじりの意味を込めて、月一万円から始めてみました。

数年後には億単位になってないかなぁ。無理かw


仮想通貨に限らず、何かしら投資を始めるのはいい勉強になるので、ぜひ興味を持ったことを始めてみて下さい。

それではっ!

Zaifで積立を始める